危険なメタボ!
日本人の死因として最も多いのががん、心臓病、脳卒中といわれています。その中の心臓病と脳卒中を引き起こす原因となるのが「動脈硬化」です。
この「動脈硬化」はどういうこと原因でなってしまうのかということについて説明すると、まずコレステロールによるものというのが有名です。ですが、最近の研究でそれだけが原因でないことがわかってきたようです。それは、肥満(特に内臓のまわりに付着した脂肪)によってさまざまな生活習慣病を引き起こしてしまい、それらの悪い条件が重なっていくことで「動脈硬化」を起こしてしまうということがわかってきました。近年、その代表的な名称として『メタボリックシンドローム』というのがあります。
メタボリックシンドロームに成らないようにまずは、体に急に負荷を掛ける事の少ないゴルフなどを始めると良いと思います。比較的安価なゴルフクラブなども探せばありますでメタボリックシンドロームに成らないように運動しましょう。

メタボリックシンドロームというのは、動脈硬化を引き起こす原因となる「肥満症」や「高血圧」、「糖尿病」や、「高脂血症」を重複していることが多い。最近の研究では、このようなそれぞれの原因が重複することで動脈硬化のリスクも高くなっていくこともわかってきたようです。
ある調査で、日本で働いている方の12万人が対象となったもので、これは軽症であっても「肥満(高BMI)」、「高血圧」、「高血糖」、「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」、または「高コレステロール血症」などの危険因子の2つを持っている人は、これら危険因子をまったく持たない人と比べると、心臓病の発症リスクが10倍近く違いがあることが分かりました。さらに、3~4つの危険因子を併せ持っている人とそうでない人の場合だと驚くことに31倍にもなることがわかりました。
このように、たとえ異常が軽い程度であっても、これら危険因子の複数が重複してい場合では、動脈硬化を発症してしまう可能性がとても高くなるのです。

子供にもメタボ信号

近年において、肥満傾向の子どもが増加してきているようです。 30年前と比べてみるとその数は約2倍近くに増えており、全国の約10人に1人が肥満児であるといわれています。これは、日本の家庭の食事が脂肪の多いものだったり、コンビニを始めとしたいつでも食べるものが買えるような環境が原因だったり、また不規則な生活や運動不足など普段の日常生活が原因としてあげられます。
子どもの肥満は、その約70%が成人肥満そのまま移行するといわれています。また、重度の肥満では、小児期からでも糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を合併するのです。
そこで国もキケンだと判断したのか、厚生労働省の研究班が、6~15歳を対象とした「メタボリックシンドローム診断基準」が製作されました。このようにメタボリックシンドローム対策は、大人だけでなく子どもにも必要なものとなっているのです。

気になる体脂肪


そんな恐ろしいメタボリックなお腹の脂肪をスッキリお腹にするには、どうすればいいのでしょうか?結論としては体脂肪が多い事がメタボリックの原因であるため、体脂肪を減らしていけばいい訳です。その体脂肪を燃やすための運動と言えば、有酸素運動が一番効果のある運動だと言えるでしょう。

 

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

check

最終更新日:2015/11/26

有酸素運動ページへ

枠